神宮前皮膚科blog

pipuka.exblog.jp ブログトップ

教えて!晴美先生!第三回「乾皮症(かんぴしょう」



暑い夏がやっと終わり、東京でも朝夕肌寒い季節となりました。
皮膚の乾燥が始まります。
今回は乾皮症皮脂欠乏性湿疹について、です。


乾皮症とは皮膚の表面のあぶらが減少することにより、皮膚の水分量が減り、
乾燥した状態です。

皮表の水分が減ると、皮膚はカサカサと乾燥し、粉がふいたような状態になります。
それが、はがれたり、ひび割れたりします。
皮膚がカサつくと、衣服が擦れたりする程度の"軽い刺激"でかゆみを感じるようになります。
皮膚を掻いてしまうと、赤くなったり、ボツボツが出来て、湿疹(皮脂欠乏症湿疹)を起こしていきます。
四肢(両手・両足)、特に足のスネ(下腿)が出やすいところです。
中高年の方・アトピー性皮膚炎の方・血液透析を受けている方、などが
乾皮症をおこしやすいです。


☆乾皮症を悪化させるのは?☆

・空気の乾燥:電気毛布やカーペットの使用
・皮膚の洗いすぎ:界面活性剤の多い洗剤などの使用
・乾布摩擦などのこすりすぎ。などです。



☆乾燥した皮膚のスキンケア☆  皮脂を取りすぎない。乾燥を防ぐ。

・入浴について:熱いお風呂や長湯はしない
        ナイロンタオルやヘチマなどでゴシゴシと洗わない
        石けんは"乾燥肌用"を使用、使いすぎに注意
        保湿成分入りの入浴剤を使用する

・保湿剤の使用:尿素入りや、ヘパリン類似物質
        セラミド入り乳液、クリーム
        ビタミンA・Eクリーム
        白色ワセリンなどの油脂

・空気の乾燥、皮膚の乾燥に注意:
        電気毛布やアンカの使用に注意する(温度は低めに設定)
        加湿器を使用する。

・皮膚に刺激の少ない衣服:
        木綿など、刺激の少ないものを選ぶ。
        乾布摩擦は乾燥した肌には適さない。



☆乾皮症の治療☆

・保湿剤
 病院では尿素含有軟膏、ヘパリン類似物質、白色ワセリンなど、処方出来ます。

・湿疹化した時
 ステロイド含有軟膏が必要。保湿剤も一緒に処方します。

・かゆみが強い時
 かゆみ止めの内服(副作用に注意)
 ※かゆみ止めの副作用は、眠気・ふらつき・口の渇き・排尿障害・緑内障など。
  最近は副作用の少ないかゆみ止めを選んで使用することが勧められています。
  皮膚科にご相談してみてください。



☆皮脂のうるおう仕組み☆
  
皮膚は皮脂角質細胞間脂質天然保湿因子、という3つの物質により
一定に潤うようになっています。

皮脂:皮脂腺(←毛包についている)から分泌される脂質で、皮膚の表面を覆い、
    水分の蒸発を防いでいます。

角質細胞間脂質:表皮で作られ、角質細胞と角質細胞との間を埋めている、"セラミド"、
         "コレステロール"、"脂肪酸"などで細胞と細胞をくっつけています。

天然保湿因子:角質層にある低分子のタンパク質

※皮脂や表皮細胞由来の脂質が、汗などの水分と乳液を作り、"皮表膜"を作ります。
 この膜は外からの物質の侵入を防ぎ、皮膚からの不感蒸発を抑えるので、
 殺菌作用・保湿作用などを有しています。

f0218671_1815689.jpg
[PR]
by pipuka1112 | 2010-10-22 18:25 | 晴美先生
line

pipukaの気まぐれ日記


by pipuka1112
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite